出会うをつくる。
-スミファとは?-

 

出会うをつくる。 「スミファ」は、一般の人が墨田区の町工場を巡り、職人と話し技術に触れ、ものが作られていく”現場”を肌で感じることのできるイベント、主役はもちろん、町工場で働く人たち。
日本のものづくりを支える縁の下の力持ちのような多様な技術は、ジャパンメイドのブランドの大切な土台となっています。

自分たちの技術をより多くの人に見てもらいたい。
子どもたちにこの仕事のことを知って欲しい。
一緒に働く仲間が欲しい。
自分たちの技術を活かしてくれる人と出会いたい。

これからのスミファは、そんな工場の方の声に答えらえるような”素敵な出会い”をつくります。
あのときの出会いがあったから、今がある。 町工場にとっても見に来てくださるお客さんにとっても、未来に繋がるキッカケになれば・・・と願っています。

 

すみだの誇る工場19社が参加します!

参加企業紹介はこちら>>

スミファの目玉企画!
じっくり見学できるオリジナルツアーをご紹介します。

一覧はこちら>>

各企業工夫をこらした
ワークショップを開催!

※予約制と予約不要のワークショップがあります。(有料、各種金額は異なります。)

一覧はこちら>>

参加の企業同士が対談!
異業種同士で出会おう!

※クリックして閲覧いただけます

一覧はこちら>>







2017年のグラフィックは今回新しく、スタジオスルメの菊池光義氏が担当します。
2014年からの「スミファ」の漫画表現や吹き出しをビジュアルイメージとして使用したブランドイメージを大切にしたいという考えから、3年間使用してきたデザインやイメージカラーを受け継ぎ、すみだの工場で働く「人」に焦点を当ててビジュアルをデザインしました。すみだの魅力的な人たち、そして職人の技やものづくり体験など、様々な出会いを楽しんでもらえたら幸いです。